日本とハワイの驚くべき深い関係
−OLIOLI HAWAII−【楽園ハワイみたいに暮らす】をまじめに考える、ハワイ,アメリカの雑貨・グッズ
     ▲Home

【日本とハワイの驚くべき深い関係】

−OLIOLI HAWAII−【楽園ハワイみたいに暮らす】をまじめに考える、ハワイ,アメリカの雑貨・グッズ
第7代 ハワイ王国
カメハメハ王朝第7代の王
デビッド・カラカウア1世
( David Kalakaua )
(在位1874-1891)

------------------- 突然ですが、いきなり「近代ハワイ」の歴史です。

かの有名なハワイのカメハメハ王朝の直系は、たった5代で断絶してしまいました。

そして、次に、王族のルナリオが、王国議会で、第6代国王として選出されました。

しかし、ルナリオ王も、たった2年で亡くなり、再び王国議会で国王を選出することになりました。
この時、選出されたのが、王族の、デビッド・カラカウアでした。

ちなみに、西洋式の教育を受けたカメハメハ2世によりハワイの神々への信仰や、伝統として、サーフィンやフラを禁止していましたが、これらサーフィンや、フラを解禁したのは、このカラカウア王であり、先進的で陽気なイイ人だった・・・とのことです。


カラカウア王(左の画像)・・・そう、ワイキキビーチの交番がある、一番にぎやかで有名な通り「カラカウア通り」は、このカラカウア王の名前から名付けられました・・・

カラカウア王は、世界旅行の途中で、日本に立ち寄り、日本最初の国賓(国家元首)として、明治天皇と会談しているのです。

・・・これから、お話しするのは、なぜか、あまり語られることない、悲しいハワイの歴史です。

しかし、ハワイと日本の深い関係を物語る、歴史上の事実なのです。

「カラカウア王の
ニッポン仰天旅行記」

あまり語られることの少ない、史実です。
カラカウア王の側近がつづった、面白くも、尊敬に値する、愛すべきカラカウア王の旅行記です。

それは、明治14年(西暦1881年)3月のこと。
世界一周旅行の途中で、ハワイ国王カラカウア1世が来日して赤坂離宮で明治天皇と会談しているのです。

もう、これだけで、結構、ビックリものですが・・・
大政奉還以降、外国の国家元首が、国賓として、日本を訪れたのは、このカラカウア王が最初・・・ハワイと日本の、縁の深さを感じませんか?


この時、赤坂離宮で両国首脳が会談し、カラカウア王から明治天皇に対して4つの提案をしているんです。
で、これが、ハワイ好きの人にとって鳥肌ものなのです。


まずは・・・
1.日本主導による「アジア連邦」の実現

2.日本とハワイ間の海底ケーブルの敷設


なんのこっちゃ?って感じですよねぇ。
でも、こんなもんじゃないんです。

更に・・・
3.カラカウア王の姪で王位継承者のカイウラニ王女と、山階宮定麿親王(後の東伏見宮依仁親王)との縁組

4.日本とハワイの連邦


・・・・。
まったく、絶句です。

しかし、これには・・・
「ハワイ国民存亡の危機を、回避しなければならない」と言う、カラカウア王の悲痛な使命感から、
考え抜いた末の提案だったのです。

あぁ〜、この文章を書いていて、自分で、鳥肌がたってしまう・・・。

話を進めましょう。

当時、ハワイ国内では、急激にハワイ人口が減少していました。
それは、欧米人が持ち込んだ「病気」が原因でした。

ハワイ国民にとって、免疫のないウィルスによる脅威。
欧米の人にとっては、カゼみたいなモノでも、ハワイ国民にとっては、ガンやエイズのように不治の病だったのです。

ハワイ国民の間に、驚くべきスピードで感染し、驚くべきスピードで亡くなっていきました。

更に、アメリカとハワイ在住のアメリカ人による、ハワイを我が物にしようとする圧力に悩まされていました。

そうして、一国を統治するカラカウア王は、追いつめられていったのです。
−OLIOLI HAWAII−【楽園ハワイみたいに暮らす】をまじめに考える、ハワイ,アメリカの雑貨・グッズ



そこで「日本と同盟になれば、アメリカもあきらめて手を引き、病から国民を救えるのではないか?」・・・そう思ったのです。

ただ、不思議なのは、なぜ日本だったのか? ・・・ですね。


それは・・・

この1881年から、さかのぼること13年前、明治元年(西暦1868年)には、すでに日本人の移民が始まり、増加の一途をたどっていました。
そして、その勢いは、ハワイ人口の半数にも達しようとしていたことが、理由のひとつと言えるのでしょう。(実際には、全人口の30%〜40%)


更に当時、欧米人達は、ハワイ王国の農地を次々と奪い、ハワイ国民や移民した日本人達までも、奴隷さながらに扱い、政治にまで口をはさもうとするのです。
それにくらべ、勤勉で同じ島国を祖国とする日本人は、カラカウア王にとって、とても好感が持てたのでしょう。


しかし、当時の日本も、明治維新後で、まだまだあわただしく、国力増強が目下のテーマだったそうで、明治天皇も、日本政府の政治的圧力から、この提案を断ることになるのです。

・・・「国力増強なら、連邦構想に乗っかった方が、よかったのでは?」・・・って、そう思うのですが、国内の混乱を避けたかったのでしょう。
つまりは、面倒な話には、付き合ってられなかった・・・と言うのが、本当のところではないでしょうか。


そうして、カイウラニ王女との縁談も、日本主導による「アジア連邦」構想も、日本とハワイ間の海底ケーブルの敷設も、日本とハワイの連邦も、
なにもかも、実を結ぶことはありませんでした・・・。
−OLIOLI HAWAII−【楽園ハワイみたいに暮らす】をまじめに考える、ハワイ,アメリカの雑貨・グッズ それから10年後、カラカウア王は、アルコール中毒にかかり、失意の内にこの世を去り、リリウオカラニ王女が王位を継承します。

カラカウア王が亡くなった2年後、1893年当時、”ハワイの最高裁判事”だったサンフォード・ドールが、ハワイ王室を裏切り、クーデターをおこします。

ハワイ国民は、抵抗しようとしましたが、争いを好まなかったリリウオカラニ王女の意志により、自ら、退位し拘束され幽閉され、王国は、消滅したのです。

カイウラニ王女は・・・と言うと、リリウオカラニが幽閉された翌年、1894年に、なんとかアメリカに渡り、復権を企みますが失敗します。

そんな悲しい歴史を憂い、幽閉されていたリリウオカラニが作った名曲「アロハ・オエ」。リリウオカラニ元王女自身によるの作詞作曲です。

のちに、裏切り者のサンフォード・ドールが、ハワイ共和国大統領として、ほとんどドールの独裁国家のようにハワイを牛耳ることになり、1898年にハワイは、アメリカの50番目の州になるのです。

そして、カイウラニ王女は、その翌年の1899年、結核で亡くなりました。それまで、わずかな、復権の希望を持っていたハワイの人々も、これには、絶望したそうです。


さて、・・・「ドール」と言う名前で、何かお気づきになりませんか?

・・・そう、あのジュースメーカーのドール社です。
創業者は、サンフォード・ドールの弟、ジェームズ・ドールなのです・・・。

その後の日本の歴史を考えると、「なんて日本は罪深いことか」・・・そう、思うのです。

「アメリカ50番目の州、ハワイ」の始まりは、絶望的な始まりでしたが、「日本との連邦」は、実現しなくて良かったのかもしれませんが・・・
ただ、ハワイは、好んでアメリカのものになった訳ではない・・・というのは、確かでしょう。

そして、日本のパールハーバー攻撃にしろ、ワイキキに日本人があふれ、相撲の世界でハワイ出身の力士が横綱になる現代にしろ・・・
日本とハワイは、数奇な運命に操られるかのように「永遠に実ることのない、切なくて悲しい恋愛を、永遠に続ける」こころの恋人のように思えてなりません。




・・・ALOHA HAWAII ・・・MAHALO
Menu
トップ

ハレイワスーパーマーケット

ビーチクルーザー
ハワイアンな自転車!

ハワイの本
ハワイを感じる本
ハワイアンなCD
ハワイを感じるCD
ハワイのクリスマスCD
ハワイでもクリスマス
ハワイアンなDVD
ハワイを感じるDVD
建物 DVD,本
ハワイみたいな家,建物のDVD,本

シーリングファン
扇風機
スイッチカバー
スイッチプレート
水栓ハンドルを
交換してドレスアップ

看板、サインボード
ナンバープレート

デジタル カメラUP
ハワイ旅行に欠かせない
デュアルタイムウォッチ
カラフル,個性的で
大きいスーツケース(ハワイ旅行)
飛行機の中や旅行先で、欲しくなる禁煙グッズ

ウソみたいに早く修得出来る事を謳い文句にした英語,英会話の教材(ハワイ旅行)
英語、英会話の本
英会話プレーヤー,電子辞書
ハワイ旅行の
ツアー会社、旅行会社のリンク集(ハワイ旅行)

「カラカウア王のニッポン仰天旅行記」以外にもハワイの歴史や神話の本は、まだまだあります。
白い孔雀

cover
ハワイ王朝最後の女王

cover
南島の神話

cover

ハワイ画像のAloha eien Aloha OLIOLI-HAWAII 犬画像、旅行、サギ草の育て方、エッセイなどなど 犬,ペット&オーナー,グッズ用品,カート&バギー,脱臭消臭機 おうちでカフェスタイル!カフェ風雑貨,カフェミュージック,和カフェのCafe Style and Mood 妙典 東京メトロ東西線 一番新しくて超人気の街 妙典,南行徳,人気の街のアパート,テラスハウス情報,入居,見学予約
ハワイ画像,旅行,犬,サギ草の育て方,エッセイ 犬,ペット&オーナー,グッズ用品,カート&バギー,脱臭消臭機 おうちでカフェスタイル,雑貨,ミュージック,和 妙典,南行徳,人気の街のアパート,テラスハウス情報,入居,見学予約

Copyright (C)2004 OLIOLI HAWAII All rights reserved